Javascript

 ifで条件分岐をしてみよう

if文を使って条件分岐をするための方法について見ていきます。

  • if
  • if ... else ...

 

if

構文

・ifを使うと条件を満たした時に処理をして満たしていないと処理しないようなコードを書くことができます。

・構文ですが、 if のあとの () の中に条件式入れて、それが true だったら {} の中の処理が実行されるという書き方になります。

・例えば、値段が1200円ののもがあり1000円以上だった場合'expensive!’と表示するようなプログラムを書きたい場合、まずpriceに1200を代入してif関数でif (price >= 1000){}と書いて{}の中に処理結果であるconsole.log('expensive!’);と書いてあげればexpensive!と表記されます。

if ... else ...

構文

・ if の構文ですが、条件が false だった場合の処理はelse でつないで書いていくことができます。

・例えば、値段が1200円ののもがあり1500円以上だった場合'expensive!’と表示し、それ以外だった場合'cheap!’と表示したい場合についてです。

ifのときと同様に(price >= 1500){}と書いて{}の中にconsole.log('expensive!’);と書き、続けてelse {}{}の中にfalseの処理をかいていきます。今回の場合はconsole.log('cheap!’);を処理結果として書いていきましょう。

・if文は構文の写真のように{}が特殊な位置にありますがこうすることによって見やすくなりますのでこのような書き方を覚えるようにしましょう。

・また{}で囲った部分をブロックというので用語として覚えておきましょう。

・通常命令の終わりには;が必要ですがブロックで終わる場合は;は必要ないのでそれも覚えておきましょう。

-Javascript