Javascript

条件演算子を使ってみよう

if ... else ... を短く書くことができる条件演算子について見ていきます。

  • 条件演算子

 

条件演算子

構文

 

・if else文はより短く書き換えることができます。

 ifで条件分岐をしてみよう

ifで条件分岐を極めよう

・条件式 ? trueの処理 : falseの処理 で書くことができ、これを条件演算子と呼びます。

・今回は1500円以上だったら'expensive!’と表示し、それ以外は'cheap!’と表示される文を書き換えていきます。

・price >= 1500 ?と条件式を書いてconsole.log('expensive!’)とtrueだったときの処理を書き:をはさみfalseの処理であるconsole.log('cheap!’);と書きます。

・この構文は、短かく書けるという利点はあるのですが場合によってはコードが読みにくくなるという欠点もあります。

-Javascript