Javascript

論理演算子を使ってみよう

複数の条件を組み合わせるための論理演算子について学んでいきます。

  • 複雑な条件式
  • 特殊な記号

複雑な条件式

・条件を複数満たす演算子を書きたかった場合に使える理論演算子について学んでいきます。

・これは複数の条件を満たしたり満たさなかった場合特定の処理を開こなう演算子です

・例えば価格が120以下で’apple’という条件を2つとも満たした場合のみ条件を発動させ’good’と表示するようコードを書く場合について考えて行きます。

・二通りやり方がありifの中にifを入れ子にして&の意味をもたせる方法と特殊な記号を用いて&やor, notなどの意味をもたせる方法です

・ifの中にifを入れる方法はまず120以下としたいのでif (price <= 120) {}と書いていき、{}の中に’apple’だったらという条件を書いていきたいのでif(fruit === 'apple’);{}と書き更に{}の中にconsole.log()で中に’good!’と書いていきましょう。

・constでpriceには100を代入してみて更にfruitに’apple’を代入すれば条件を満たすためconsoleにgood!と表示されます

論理演算子

・もしくはもっと短く書きたい場合や複雑になりすぎるのが嫌な場合、特殊な記号を用いることによって条件を書くことができます。

・上と同じ条件を作りたい場合はif(price <= 120 && fruit === 'apple') {}としてあげて{}の中に console.log('good!’);としてあげればいいでしょう。

・が特殊な意味を持つ記号なのでこれらを使っていきます。

・特殊な記号を用いたほうがよく用いられるのでしっかりと覚えておき、たまにifの中にifが入っているコードを見る機会があるので意味が分かる程度には理解しておきましょう。

-Javascript