Javascript

switchで条件分岐をしてみよう

switchを使った条件分岐について学んでいきます。

  • switch
  • default

switch

・if文の条件式に===ばかりが並ぶときはもう少しかんたんに書くことができるswich()という命令をよく使います。

ifで条件分岐を極めよう

・例えば値段を瞬時に表示したい場合などで’apple’と代入した場合120円などを表示したい場合を想定します。他にも’grape’や’banana’などの値段も表示してみます。

・上のように書くこともできますが今回はswitch()文を使っていきます。

・switch()の中に比較したい値をまずいれて、どの値と比較したいかを case のあとに書いていきます。今回はfruitに果物の名前を代入していくのでswitch (fruit) {}として{}の中に条件を書いていくためにcaseを書いていきます。

・caseは単純に’apple’なのでそのように書き:で分けて処理を書いていきます。今回は120と表示したいのでconsole.log('120’);としていきます。

・そのあとに break; とするとbreak; までの処理を実行してくれます。ここまででfruitに’apple’と代入された場合120とconsoleに表示されるようになります。

・またswitch文で条件を複数指定することができその場合はcaseのあとの条件を変え最後にbreak;としてあげれば複数回連続で書いていけます。

・例えば’grape’と代入されたら150と表示したい場合はcase 'grape’:としconsole.log('150’);と表示するよう命令し、最後にbreak;で命令を終わらせます。

default

・fruitの値がどれとも一致しない場合はの処理も書いておきましょう。default という特殊なキーワードを使ってデータがない場合は'No Data’と表示するようにしておくと親切です。

・default:と書いて続けて処理を書いていきます。今回は'No Data’と書きたいのでconsole.log('No Data’);でいいでしょう。

・こうしておくと処理が追いついていないだけなのかそもそもデータが無いのかがすぐに判断できます。

-Javascript