Javascript

関数式を使ってみよう

関数の構文について確認したのち、関数式の使い方について見ていきます。

  • 関数の構文
  • 関数式

関数の構文

構文

・まず関数の定義ですが、 function としたあとに関数名を書いてあげて、必要なら () の中に仮引数を , (カンマ)区切りで入れてあげてください。

・処理の内容を {} の中に書いてあげればそのように処理され、必要だったら return で値を返してあげてください。

・この関数を実行するには関数名に () を付けてあげて、必要なら実引数を , 区切りで与えてあげます。

 

関数式

構文

・関数宣言の他にも関数式を使う場合があります。

・関数式を使う場合、関数を定数や変数に値として代入する形になります。

・関数式の構文としては function としたあとに () を付けてあげて仮引数を必要なら入れ、あとは関数宣言と同じようにしてあげれば OK です。定数や変数に値を代入すると関数式は function から }; までの部分になります。

・呼び出しも関数宣言と同様になります。

-Javascript