Javascript

配列の要素を変更してみよう

配列の先頭や末尾に要素を追加、削除する方法について見ていきます。

  • unshift()
  • push()
  • shift()
  • pop()

unshift()

・配列の先頭に要素を追加する命令です。定数に続けて「.」として続けてunshift();としてあげます。

・()の中には追加したい数字を入れてあげます。price.unsift(500, 600);というようにすると配列の先頭に500, 600が追加されます。

push()

・配列の末尾に要素を追加するための命令です。定数に続けて「.」として続けてpush();としてあげます。

・()の中には追加したい数字を入れてあげます。price.push(500, 600);というようにすると配列の末尾に500, 600が追加されます。

shift()

・配列の先頭を削除する命令です。定数に続けて「.」として続けてshift();としてあげます。

・shiftは先頭を一文字づつしか消せないので()の中身は空白でおkです。

・price.shift();とすると配列の先頭が消えます。

pop()

・配列の末尾を削除する命令です。定数に続けて「.」として続けてpop();としてあげます。

・popは末尾の一文字づつしか消せないので()の中身は空白でおkです。

price.pop();とすると配列の末尾が消えます。

-Javascript