Javascript

現在日時を扱ってみよう

日時を表すデータについて、値の作成方法など基本的な使い方を見ていきます。

  • new Date()
  • 年月日
  • 時間

new Date()

・現在日時を表す値は new Date() で日付を表示することが出来ます。const d = new Date();でdに定数を与えれあげてコンソールログで表示してあげればいいです。

年月日

・このような形式ではなくて、年月日などを数値で取得したい場合はに使えるそれぞれの年、月、日を取得する方法もあります。

・年ですが、 getFullYear() を使えば年の4 桁の数字を取得してくれます。

・月は getMonth() ですが、 JavaScript では 1 月が 0 、 2 月が 1 といったように0 から11の数値で表現されるので注意しましょう

・日に関しては getDate() としてあげれば 1 から 31 の数値で取得できます。

・曜日の取得はgetDay;で、日曜日が 0 、 月曜日が 1 といったように0から6で表現されます。

時間

・時間は、 getHours() で時間、 getMinutes() で分、 getSeconds() で秒、 getMilliseconds() でミリ秒を取得することができます。

・また、年月日や時間は実行している環境に依存します。そうならないために用意されている命令がgetTime()があります。

UTC と呼ばれる協定世界時の 1970 01 01 00 00 00 秒からの経過ミリ秒が広く使われている

-Javascript