Javascript

setTimeout()を使ってみよう

setTimeout()を使って、指定した時間後に処理を実行する方法について見ていきます。

  • setTimeout()
  • clearTimeout()

setTimeout()

・指定した時間の後で一回だけ処理を実行するように予約する命令がsetTimeout();です。

・今回は例えば、1秒後に1回だけ実行する場合を見ていきます。関数を渡して、 1000 ミリ秒後に 1 回だけ実行するように書いてあげればいいので、setTimeout(showTime, 1000);としてあげればおkです。

・このときshowTimeのあとに()はつかないことに注意しましょう。

clearTimeout()

・setTimeout() に渡した関数は一度だけ実行されるのですが、連続して呼び出すことで setInterval() のようにくり返し処理を行うこともできたりします。

・ showTime() の中で setTimeout() を呼んで showTime() を呼び出してあげれば console.log() が実行されたあとに setTimeout() で 1 秒後にまた showTime() が呼ばれて、その showTime() でまた console.log() と setTimeout() が呼ばれて…、となるので、結果的にくり返し処理になります。

setTimeout() を止めたい場合は setInterval() と同様に、返り値を使ってあげます。etTimeout() を止めるには clearTimeout() setTimeout の返り値である定数を入れれば良いので、今回は timeoutId という名前にします。

-Javascript