Javascript

タイマー処理の違いを理解しよう

setInterval()と、setTimeout()を使った一定時間ごとの処理の違いについて説明していきます。

  • setInterval()とsetTimeout()の違い

setInterval()とsetTimeout()の違い

・setInterval()は一定時間ごとに処理を実行するための命令です。

・例えば、setInterval()は1000ミリ秒間隔で1200ミリ秒かかる処理をした場合、1000ミリきっかりに処理を実行し、2つの処理が重なってしまうのでシステムに負荷がかかってしまいます。

・setTimeout()の場合、処理の後に1000ミリ秒後に処理を行うので処理が重たくなることはないのでシステムに負荷をかけずに実行することが出来ます。

・つまりより正確な場合はsetinterval()を使い、負荷をかけたくない場合はsetTimeout()を使います。

-Javascript