Javascript

要素を削除をしてみよう

要素を削除する方法について見ていきます。

  • remove()
  • removeChild()

remove()

・要素の削除方法について見ていきます。例えばitem1を削除したい場合について見ていきます。

・まずはいつもと同じように要素を取得していきます。const item1 = document.querySelectorAll('li’)[1];としてあげるとitem1の要素を取得することが出来ます。

・あとはitem1.remove();としてあげるとおkです。

removeChild()

・実はこの remove() は一部の古いブラウザでは使えないので、別の方法も覚えておきましょう。

構文

・removeChild() というメソッドを使うのですが、構文は「親Node.removeChild(削除するNode)」としてあげる必要があります。

・今回の場合はdocument.querySelector('ul').removeChild(item1);としてあげます。

-Javascript